アルコール消毒で手荒れがひどくなってヒリヒリ、対策考えないと

アルコール消毒,手荒れ,アルコール消毒液,次亜塩素酸,次亜塩素酸水,ハンドクリーム,

コロナの影響でアルコール消毒液が品不足ですよね。
お店の入り口には、コロナ以前からからアルコール消毒液は置いてありましたよね。特に、大きなショッピングセンター、イベントホール会場などでは。いまでは個人の家もほとんど置いてありますね。

 

実は、アルコールがダメな体質ってあるんですよね。コロナになってから、たぶんアルコール消毒のアルコール濃度の割合(度数)が高いものが増えたのか、シューってするとむせ返えるときあります。春先の花粉のときはけっこう鼻の粘膜も弱ってるのかきますね。

 

こういう時期なので、まめにアルコール消毒していますが、手荒れがかなりひどくなってきました。特にお風呂にはいると手の甲が赤くなりヒリヒリと痛いです。これってアルコール消毒に負けているだけじゃなくて、石鹸でも手を洗い、そのうえにアルコール消毒なんで皮膚には負担が大きいのでしょうね。。。
(;´Д`)

 

ハンドクリームを塗ってはいますが、消毒の回数がかなり増えているので、こうなるとアルコール消毒液の手荒れ対策を考えないといけないです。消毒は絶対ですから。

 

だけど、アルコール消毒液に代わる消毒液というのがあるのか?しかも、肌にも優しいような消毒液・・・

 

調べると、次亜塩素酸水というのがアルコールじゃなくて、除菌ができて肌にもやさしいようです。

 

私は、キノットというのを見つけました。きっとこれなら手荒れも解消できそうです。

 

キノットが期待できそうなのは肌に優しいというのはもちろん、子供が舐めても問題ない商品というから、かなり安心ですよね。そして、ペットにも大丈夫といのはポイント高いです。

 

キノットは薄めて使うので、加湿器の水に薄めて使うこともできるので部屋が安心空間になっていいですよね。